データと情報の紐付け

売上情報をアクセスデータに紐付けする方法というのは、サイトの種類で異なってきます。

通販サイトといったような、売上の金額がサイトの上で決定するといった場合、グーグルの「eコマーストラッキング」を利用するといいでしょう。

実装するにはプログラミング技術が必要となりますので、エンジニアと公式のドキュメントを参考にしながら相談してください。

売上情報を取得したら、流入チャネル別の分析だけではなく、ページ別の分析も可能となります。

こういったものを利用しながら、より本質的な分析を行いましょう。サイト上でのCV時に売上が確定しない場合もあります。そういった場合はeコマーストラッキングを利用することはできません。

やり方としては、CV時に自社のデータベースで管理しているCVデータに、流入チャネルなどのアクセスログのデータを追加で保存する方法です。

そうすると、自社データベースの情報からCV価値やUU価値を計算できます。

もう一つは、CV時に自社データベースに登録されたuser_idを、グーグルに送信して、自社データベースの売上情報とグーグルアナリティクスのアクセス情報を紐付けして、CV価値といったものを算出します。UU価値を価値やCV価値といったものまで追うことは手間が非常にかかることです。

ですが、ビジネスの本質を捉えるためには、有効な手段といえます。チャレンジしましょう。もちろん1UU当たりのページビュー数や直帰率といった指標もたくさんあります。さらに分析の切り口は多種多様です。

流入から、CVまでのページ単位の遷移を対象にしたプロセス分析もあります。アクセス解析を学ぶことは仕事の幅を広げることでもあります。挑戦してみましょう。

Ton’sSEOsite のトップへ