リンクエイジの注意点

どれだけ価値があるコンテンツだとしても、時間の経過で内容が陳腐になったり、情報が誤っていたことが分かったりと、変化していくものです。

ユーザーには「今」の情報を最適な状態で届けたいというのが、検索エンジンの使命でもあります。

そのため、検索エンジンは陳腐化したコンテンツを判別する必要があるわけです。

リンクエイジはそのために利用されています。被リンクの新規獲得数・消滅数の時系列での前後比較をするということですが、これは全期間と比較して新規獲得被リンク数が減少する、あるいは被リンク数が増加すると、コンテンツが古くなったと判断してページ評価を落とします。

逆に新規獲得被リンク数の増加、あるいは被リンクの消滅数が減少すると、コンテンツが「今の」ユーザーニーズに応えているということになり、ページ評価を高めるということです。

全被リンクの内、直近n日間に新規獲得した被リンク数の比率というのは、比較の方法です。

例えば、全被リンク数における直近10日間で獲得した被リンク数の比率が高いページというのは、より高い評価が得られるということになります。

リンクエイジに関する注意として、新しいリンクが多いと評価されるからと、リンクビルディングをすると、評価されません。場合によってはスパム扱いとなります。

例えば「本日の人気記事」というものは、毎日リンクが張変わります。そのためページランクの分配度が低くなります。

または、人工的な陸ビルディングで急激に被リンク数が増加すると、スパム判定を受ける可能性があります。正当なウェブサイトの被リンク獲得スピードはゆったりとしたものです。

急激な増加はトピックネタでないと観察されません。

Ton’sSEOsite のトップへ