海外におけるECサイト運営

ECサイトは今や多くの企業が顧客確保のために利用しているシステムですが、グローバル化が進んだ昨今、国内での運用だけに留めておくには惜しいシステムではないでしょうか。

海外に基盤を持っている企業であれば、ECサイトも海外で運営する方が何かと便利なはずです。

もちろん海外に出るということはリスクを背負いますが、同時にそれ以上のリターンも期待できます。

工場などとは違い、ECサイトの運営に必要なのは小さなスペースと少数のスタッフのみです。

これからのビジネスには欠かせないシステムになっているはずなのです。

では実際に海外で運営する場合、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

実は越境ECに関するノウハウ、注意点は既に山のように高く積まれています。

ですからそれを学ぶだけで自社のECサイトを作ることができるはずです。ノウハウがそれだけ蓄えられているのは、先達の企業が成功しているからです。

平成30年の統計だけをとっても、越境ECの市場規模は3000億弱となっています。この額は毎年増加しており、今後も増え続けると思われます。

さて、越境ECに参入する意志を持て余している人は何から始めればよいのでしょうか。筆者であればまず海外のトレンドを研究することから始めます。

そして海外で販売する時の注意点を自分なりに纏める作業に取り掛かります。皆さんの中に私の後を追ってくださる方がいらっしゃれば、その方に向けてご説明したいと思います。

Ton’sSEOsite のトップへ