管理人より

初めまして。管理人のTonです。

さて、SEOを聞いたことがありますか?これは検索エンジンで検索した際により上に来るようにする対策のことを言います。

SEOにおいて、外部サイトという言葉が出てきます。外部サイトというのは、自社の対象サイトとは別のサイトとして存在するウェブサービスのことです。

評価されやすいものとしては、リンクを張ってくれる側の外部サイトは、同一の検索クエリで本サイトと競合しないこと、本サイトとは異なるコンテンツの提供が理想だそうです。

また、本サイトへリンクを張ってくれる外部サイトは、ユーザーにとって価値があるコンテンツであればなおよいでしょう。

例えば、自社で求人検索サービスを運営しているならば、転職の可能性を潜在的に持つユーザー向けのメディアが評価されやすいリンクを張る外部サイトとして適切ではないかと思われます。

例えば外部サイトの方では、スキルアップ系の読み物記事などを掲載するなどして、スキルアップしたいユーザーを集客するようにしているなど。

集客したユーザーに、スキルアップになりそうな転職事例を紹介するというのは、転職ニーズを掘り起こすことにもなります。

その流れで、本サイトの求人検索サービスを紹介するリンクを掲載してもらうのです。

これが自然に行われるのが理想です。本サイトとは異なるページ目的を持って、ユーザーに異なる価値を提供する外部サイトならば、検索エンジンから評価を受けられます。

ただ、リンク作成のみのクオリティの低い外部サイトからリンクを受けるとペナルティの対象になる可能性があります。被リンクを作成するだけの外部サイトからのリンクには注意しましょう。

過度な人工的なリンクビルディングはペナルティを受ける可能性も高くなります。関連性が高いページからの大量の被リンクや、リンクエイジが隔たる被リンクの急増というのは危険だといえるでしょう。

グーグルは不自然なリンクを人力でも監視しています。

当サイトではSEOについてたくさん書き連ねているので、ぜひご覧ください。

Ton’sSEOsite のトップへ