不正アクセスによる乗っ取りやサーバー悪用を防ぐために

最近、不正アクセスが急増していて情報漏洩やサイト改ざんなどのトラブルが増えています。多くはログインのためのIDやパスワードが破られて不正にログインされ、サイト内で情報を抜き取ったり様々なサイト改変を行われてしまいます。特に自分でサイトを運営している場合一度不正ログインされてしまうと「乗っ取り」の状態になり、しかもレンタルサーバーの料金は被害者持ちという状況に陥るリスクをはらんでいます。このため、まず大切なのは、IDパスワードに同様の者を使用しないことが大前提。特にサイトを自分で運営している場合は、同じパスワードの使いまわしだけは絶対に避けましょう。あるサイトから流出すると、ほかのサイトのログインにも利用されてしまうからです。そしてなによりも、パスワード自身を強固にする必要があります。理想は12桁以上で数字、記号、英語の大文字小文字を組み合わせたものです。例えば数字だけのパスワードは数秒で破られますが、上記条件だと何百年になることが可能です。